Loading...

群馬・埼玉|外壁塗装|屋根塗装|お家の塗り替え
塗装工事なら佐藤塗装にお任せください!

通話無料 電話受付 8:30~19:00(年中無休)
0120-119-929

雨漏りの調査方法の種類と費用

佐藤和幸

雨漏り補修は、もちろん雨漏りを止めることが目的ですが、まずは雨漏りしている箇所を調査して、原因を突き止めることがとても重要です。

そのため、お家で雨漏りがある場合は、まず現地にお伺いし「どの場所で」「どんな時に」雨漏りをするのかをお聞きします。(無料)

しっかりとした調査をしないと、雨漏り箇所と関係ないところを補修してしまい、結局止まらない…ということがあります。

このページでは、私たちプロが行う調査の種類や流れを説明していきます。

雨漏り調査の種類と費用

弊社で行っている雨漏り調査の種類は3種類です。現地確認後、必要な調査を選定し、調査お見積りを提出させていただきます。

目視調査

目視調査は、雨漏りの原因箇所を目で見て判断する調査です。

目視でわかる雨漏りの場合はその場でお伝えいたしますが、目視調査のみで工事する事はありません。基本的には、散水調査や赤外線カメラ調査と併用し、明確な原因箇所を特定・再現してから工事のお見積りをお渡しいたします。

散水調査

散水調査は、実際に雨を想定してお水をかけ、雨漏りを再現する調査です。

しっかりとヒアリングさせて頂き、散水する箇所を決めていきます。

■費用
散水調査にかかる費用は4万円~です。お見積り金額は散水調査箇所の多さによって変わります。

また、人件費と資料作成費、必要であれば部分足場費用がかかります。

赤外線カメラ調査

赤外線カメラ調査は、赤外線カメラを使って雨漏りを見つける調査です。

赤外線カメラで撮影し、熱電動を確認しながら雨漏りしている明確な部位を特定致します。さらに散水調査併用で使用する場合は、小さな温度変化も見逃しませんので雨漏り部位を早く発見できます。

赤外線カメラ調査をする場合の注意点として、熱温度が低い(青い)から雨漏りしているとは限りません。逆に温度が高い(赤い)場合でも、雨漏りに直結している可能性が御座います。

また、赤外線には色々な種類があり、室内で使用するカメラと大きな建物での調査カメラでは種類が異なります。当然、大きな建物を調査するときには高性能カメラを使用します。

赤外線カメラ調査で必要な事は、豊富な知識と熱伝導が何故このようになっているのかを特定することです。

■費用
散水調査にかかる費用は18万円~です。赤外線カメラ調査では、赤外線撮影費が必要となります。

雨漏り調査の流れ

雨漏り調査の流れは以下の通りです。

お客様ヒアリング・現地確認(無料)

調査内容や調査費用のお見積り提出

お客様ご検討

調査開始

明確な雨漏り部位の特定

必要工事のご説明(工事内容のお見積り提出)

雨漏り工事

悪徳業者には注意が必要

「雨漏り調査無料」と謳っている業者は注意が必要です。雨漏り調査は無料で行えるほど、そんな簡単な調査では御座いません。

しっかりと調査して、明確な部位を特定しないと工事は出来ません。詳しく調査せずに「雨漏り箇所はここであろう」といった曖昧な工事を行うと、再発の危険性が高くなります。

また、塗装工事をすれば雨漏りが止まると思っている方が多いですが、塗装工事だけでは雨漏りは止まりません。

雨漏りは早急な対処が必要なので焦ってしまうかと思いますが、まずは落ち着いて業者の話を聞き「調査無料」や「塗装だけで直ります」等と言われた場合は、すぐに契約しないように注意しましょう。

まとめ

雨漏りを止める工事は、そう簡単では御座いません。

お医者さんに例えるならば、しっかりと診断をし、どこが、どのように悪いのかを検査してから、適切な方法で処置をすると思います。

雨漏り調査も一緒で、診断・検査(調査)をしてから明確な場所を特定し(再現、科学的根拠)、原因や根拠を立証をしたのちに手術(工事)で雨漏りを止めます。

明確な部位が解らなければ、お見積りも出せず、工事もできるはずが御座いません。しっかりと明確な部位を特定してから工事することが大切です。

新着お問合せ状況

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.0%!
お客様の声

塗装の基礎知識

業者選び

雨漏りについて

塗料について

劣化状況

会社について

サービス/プラン

ブログ









▼

お問い合せはこちら

お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
通話無料電話受付 8:30~19:00(年中無休)
メールでは365日24時間受付中です!
お問い合せ