Loading...

群馬・埼玉|外壁塗装|屋根塗装|お家の塗り替え
塗装工事なら佐藤塗装にお任せください!

通話無料 電話受付 8:30~19:00(年中無休)
0120-119-929

雨漏りの要因と修理方法

佐藤和幸

雨漏りの要因や水が浸入する経路などは様々で、きちんと特定しなければ正しい処置も行えません。

このページでは、雨漏りの要因や発生しやすい箇所、修理方法などについて紹介します。

雨漏りの要因

雨漏りの要因で多いのは下記の内容です。

経年劣化

例えばサイディングの外壁。新築時には、塗装や繋ぎ目のコーキング部分がしっかりと機能しているため、雨漏りはしません。

しかし、10年経つころには、防水機能が低下し、シーリングが劣化してくるので、メンテナンスをしないで放置してしまうと、雨水が外壁材の内部に入り込んでしまうことがあります。

外壁材の内部の2次防水(透湿防水シートなど)が機能していれば、多少の雨水が入り込んでも雨漏りにはなりませんが、2次防水も劣化していると、雨漏りの要因になります。

2次防水の(透湿防水シート)の寿命は10年です。2次防水を傷めないように、1次防水の外壁、シーリングをしっかりとメンテナンスしていく事が重要です。

地震や台風などの自然災害

台風などで多いのは、横からの強い風をともなった雨での雨漏りです。通常の雨では雨漏りしないに、強い風をともなった雨の時だけ雨漏りするというお客様は非常に多いです。

その場合、しっかりと調査し修繕工事することをお勧めします。調査しないで工事をしてしまうと再発率が非常に高いので注意してください。

新築時の施工不良

雨漏りの要因で最も多いのが、新築時の施工不良です。そのため、新築してから、数年、数か月での雨漏り調査が一番多いです。

なかには、新築時から雨漏りしていたが、気が付かずに数十年経っていて、土台から木が腐っていたというケースも珍しくはありません。

特にベランダ周辺、出窓周辺、トップライトからの雨漏りが非常に多いです。

リフォーム後の施工不良

塗装工事が終わってから雨漏りしたケースもよく耳にします。

多い事例ですと

・屋根塗装後に縁切り作業をしていない。
・シーリング工事で2次防水の防水テープをカッターで切ってしまった。
・ハウスメーカーの建物で新築時は撥水塗料で施工していたのに、塗り替え時には親水塗料で塗ってしまい、胴差と呼ばれる2階を支える部材から雨漏りしてしまった。
・そもそもの問題解決できていないのに、外壁を貼れば良いと思っている業者が雨漏りしているのに上から外壁を貼ってしまった。
・屋根の勾配がないのに適切な屋根材で施工していない。

などリフォーム工事後に雨漏りをしてしまうケースも多く御座います。

雨漏りが発生しやすい箇所

雨漏りが多い箇所は下記の場所です。

屋根からの雨漏り

・屋根材の破損、浮き
・屋根の防水シートの劣化
・棟板金、雨押え板金のコーキング
・縁切りの施工不良
・谷樋の雨仕舞いの不備
・漆喰の崩れ
・天窓、トップライト、出窓の雨仕舞い
・太陽光発電や太陽光温水器等の設置
・雨どいのつまり、破損

外壁からの雨漏り

・外壁の目地
・外壁のヒビ割れ
・外壁の取り合い
・サッシの枠

陸屋根やベランダの防水からの雨漏り

・屋上の防水の劣化
・ベランダや排水の詰まり

雨漏りの修理方法

応急処置の方法

応急処置なので、根本的な雨漏り修理にはなりませんが

・ブルーシートを使う
・防水テープで補強
・コーキングで隙間を埋める

■注意点
・素人が完全に雨漏りを止めることはできない
・屋根、2階などの高所作業は危険
・塞いではいけない部分がある

雨漏りの専門業者

・侵入経路の特定(散水調査、赤外線調査、目視)
・侵入経路を塞ぐため、該当箇所の補修もしくは交換

雨漏り業者で修理がオススメ

雨漏りをしっかりと止められる業者の特徴は、施工実績が多いという点です。

そして、調査の実績は勿論のこと、改修工事実績も多いのが特徴です。それだけの経験がありますので、調査したが原因が解らないという事は無いでしょう。

まとめ

雨漏りを特定できる業者は、改修工事、修理工事を熟知しています。しかし、適切に雨漏り調査・修理ができていない業者は、普通はこうと決めつけていることが多いです。

雨漏り工事で必要なのは、豊富な実績と事例をよく知っている業者です。なぜ雨漏りが起こってしまったのか。それを熟知している者が固定概念にとらわれる事なく、改修工事や修理工事ができるでしょう。

新着お問合せ状況

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.0%!
お客様の声

塗装の基礎知識

業者選び

雨漏りについて

塗料について

劣化状況

会社について

サービス/プラン

ブログ









▼

お問い合せはこちら

お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
通話無料電話受付 8:30~19:00(年中無休)
メールでは365日24時間受付中です!
お問い合せ