Loading...

群馬・埼玉|外壁塗装|屋根塗装|お家の塗り替え
塗装工事なら佐藤塗装にお任せください!

通話無料 電話受付 8:30~19:00(年中無休)
0120-119-929

雨漏り、すが漏れ、水漏れの違い

佐藤和幸

建物に水が浸入すると雨漏りを疑う方が多いと思いますが、雨漏りと似た症状に、すが漏れと水漏れがあります。それぞれ水の侵入経路や原因が異なるため、正しい知識を備えておくことが大切です。

気になる症状が現れた場合には、プロに依頼して原因を明確にし、適切に対処することが重要です。このページでは、雨漏り、すが漏れ、水漏れの特徴や原因についてご紹介しています。

水が建物内部へ侵入する現象は3種類ある

水が建物内部へ侵入する現象には「雨漏り」「すが漏れ」「水漏れ」の3種類があります。

天井付近にシミができていれば、雨漏りを疑ってしまいがちですが、すが漏れや水漏れによって発生している場合もあるので、しっかりと原因を調査し適切な対処をおこなうことが重要です。

雨漏りの特徴

雨漏りとは、外壁や屋根、サッシ廻りなどの建物外部から雨水が建物内部まで浸入してしまう現象のことです。雨漏りの初期段階では、天井や壁などの内装材に症状がでることはありませんが、症状が進行し中期段階になると目に見える症状が現れ始めます。

雨漏りの症状としては、雨が降ると壁や天井、床などの内装材が濡れてしまうといった症状だけではなく、雨が降った翌日に天井やクロスにシミや膨らみが現れたり、カビが発生する場合もあります。

雨漏りの原因

主な原因としては、経年劣化や施工不良、建物の設計ミスなどが挙げられます。特に多いのが施工不良によって起こる雨漏りです。

その場合のケースとして、外壁材裏面にある透湿防水シートが切れていたり、防水テープが貼られていないなどが考えられます。

すが漏れの特徴

すが漏れとは、屋根や軒先の積もった雪が原因となって起こる現象です。そのため、雨漏りのように雨の日には症状が現れず、雪が降る時期にだけ発生するという特徴があります。

すが漏れの原因

屋根や軒先の積もった雪が室内からの熱気や日射によって溶かされ、溶かされた水が凍結し水を塞き止めてしまうことが原因で、屋根材の隙間から水が室内へ浸入してしまいます。

すが漏れは、雪を溶かさない対策や屋根に雪を積もらせない対策、水を凍らせない対策のいずれかをおこなうことで防止することが可能です。

水漏れの特徴

水漏れとは、雨や雪ではなく生活水が漏れることによって起こる現象です。建物には、配水管など水の通る配管が多く設置されているため、それらの配管に何らかの不具合が発生することによって水漏れが起こります。

水道を使用していないのに、水道メーターが動いている、キッチン台下側の収納部が湿気ていたり臭いが発生している、収納床が柔らかくなっているなどの症状がある場合には、水漏れが発生している可能性があります。

原因

原因としては、配水管の老朽化や施工不良、凍結によって配水管が破裂してしまっているなどが考えられます。

雨漏り、すが漏れ、水漏れの比較

雨漏り すが漏れ 水漏れ
起因 生活水
侵入経路 屋根・外壁・サッシ廻り 屋根・軒先 配水管
原因 破損、施工不良、老朽化などの不具合 雪溶け水の再凍結による水の塞き止め 破損、施工不良、老朽化などの不具合

まとめ

建物に水が浸入する現象には、雨が起因となる「雨漏り」、雪が起因となる「すが漏れ」、生活水が起因となる「水漏れ」の3種類があります。対処方は、建物に水が浸入している原因によって異なるため、きちんと原因を調査してから修理をおこなう必要があります。

建物に水が浸入してしまうと、シロアリやカビの発生原因にもなり、最悪のケースでは漏電によって火災が発生してしまうケースもあります。

佐藤塗装では、日本で一番大きな雨漏り補修団体「雨もり119」に加盟し、日々最新技術を共有することによって、組織全体で雨漏りの問題に取り組んでいます。

少しでも不安な症状がある場合には、そのまま放置はせずに株式会社佐藤までお気軽にご相談ください!

新着お問合せ状況

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.0%!
お客様の声

塗装の基礎知識

業者選び

雨漏りについて

塗料について

劣化状況

会社について

サービス/プラン

ブログ



















▼

お問い合せはこちら

お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
通話無料電話受付 8:30~19:00(年中無休)
メールでは365日24時間受付中です!
お問い合せ