Loading...

群馬・埼玉|外壁塗装|屋根塗装|お家の塗り替え
塗装工事なら佐藤塗装にお任せください!

通話無料 電話受付 8:30~19:00(年中無休)
0120-119-929

劣化状況について

佐藤和幸

外壁は、経年劣化によって、チョーキングやひび割れなどの劣化症状が現れます。これらの劣化症状は、塗り替えを検討する時期の目安になります。

このページでは、外壁や屋根に起こる劣化状況について説明します。

外壁は何年くらい持つの?

外壁は何年くらい持つの?建物は外壁材によって使用する外壁塗料も異なります。また外壁塗料の種類によっても耐久性は異なり、塗り替えリフォームを行うタイミングも異なります。

ここでは、そろそろ塗り替えが必要か否かを判断する方法をご紹介します。

外壁の様子から塗り替え時期を判断する

時々外に出て外壁をチェックしてみましょう。以下のような現象が現れたら、早めに外壁の塗り替えリフォームをした方が良いというサインです。

チョーキング

外壁の様子から塗り替え時期を判断する外壁を触ってみて指にチョークのように白い粉がつくことをチョーキングといいます。

この現象が現れたら「そろそろ塗り替えないと雨水や害虫が浸入して家が劣化しますよ」というサインです。外壁がクリヤー仕上げの場合、樹脂だけで顔料が配合されていないため年数が立っていてもチョーキング現象は現れないので、専門の塗装業者に検査してもらいましょう。

クラック(ひび割れ)

外壁の様子から塗り替え時期を判断するモルタルやコンクリートの外壁にできた裂け目やひび割れをクラックといいます。

ごく小さく浅いひび割れなら急いで塗り替えることはないですが、放置している間に建物内部の梁など構造部分まで雨水などが浸入して、内部の鉄筋に腐食が起き、建物全体の強度が低下する原因にもなります。

外壁の塗り替え塗装では下地処理をしますが、その時クラック(ひび割れ)を埋める作業を行います。

釘周りのゆるみ

サイディングなど外壁材に釘を使用している場合、振動などによりそこからひび割れて隙間ができる場合があります。そのまま放置すると隙間から雨水が侵入し、建物内部を腐食されてしまうため、専門業者に塗り替えの診断を依頼しましょう。

カビ・藻・コケが発生

塗料が劣化して防水性が低下してくると外壁が水分を吸収して、コケや藻、カビが発生しやすくなります。これらが出てきたら塗り替えリフォームの目安と捉え、専門業者に診断してもらいましょう。

カビやコケ、藻が生えたまま放置していると、家の美観に影響するだけでなく、外壁の劣化を進めることになります。また、アレルギー感染症を引き起こすなど健康被害も出すことがありので、早めに除去し外壁の塗り替えをおこないましょう。

サッシの塗膜が剥がれている

ベランダなどサッシや窓の廻りはゴム状のシーリング剤(コーキング剤とも呼ぶ)が施され防水されています。

通常、このシーリング剤が剥がれていたり、切れていたり、ゴムの弾力がなくなっていたとしても、一時防水紙がしっかり施工してあれば雨漏りなどはしません。しかし危険性はぬぐいきれないため専門業者に一度問い合わせることをお勧めします。

外壁の様子から塗り替え時期を判断する

外壁を塗り直す前に行う前にシーリング材の張り替えを行いますので、外壁だけでなく窓やサッシ廻りもチェックしましょう。

外壁・屋根塗装なら群馬県・栃木県・埼玉県・長野県・新潟県でご愛顧いただいております塗装専門の佐藤塗装へご相談ください。

お客様第一に家の寿命を延ばす外壁塗装・外壁リフォームを行っております。まずは無料相談・無料見積にてお問い合わせください。

「劣化状況について」に関する記事一覧

  • 外壁は劣化によって、はがれやクラック、欠損やひび割れなどの症状が発生します。これらは、雨漏りの原因になるため補修が必要です。 このページでは、外壁の…

新着お問合せ状況

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.0%!
お客様の声

塗装の基礎知識

業者選び

雨漏りについて

塗料について

劣化状況

会社について

サービス/プラン

ブログ









▼

お問い合せはこちら

お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
通話無料電話受付 8:30~19:00(年中無休)
メールでは365日24時間受付中です!
お問い合せ